クラック(ひび割れ)

クラック

クラックとは施工不良、寒暖や湿度の変化による伸縮、地震、地盤沈下等の原因で発生します。ひび割れが比較的小さいヘアークラックと呼ばれるものから構造部分に生じた比較的大きい構造クラック等があります。ひび割れから雨水などが入ると、爆裂、漏水、内部結露、カビの発生や気密性の低下等、建物の強度を低下させる原因にもなります。

コーキング劣化

コーキング劣化

コーキングの劣化によりひび割れや破断が生じ建物の防水機能が低下します。コーキング自体の経年劣化の他、サイディングパネルの経年劣化による伸縮や、コンクリート造に用いる誘発目地や伸縮目地等がコンクリートの動きに対応するために破断することもあります。放置すると構造材が傷み建物の強度を低下させる原因にもなります。

爆裂

爆裂

鉄筋コンクリートにできたクラックやジャンカ(コンクリートの不良部分)等の隙間から雨水や酸素等が侵入することにより、内部鉄筋が錆びて膨張し周りのコンクリートを押し出す現象です。放置すると爆裂が進行し建物の強度を低下させる原因にもなります。

天井漏水

天井漏水

防水機能の低下した床面クラックからの雨水等の侵入により階下の天井に漏水が発生します。

ベランダからの室内漏水

ベランダからの漏水

防水機能の低下したベランダクラックからの雨水等の侵入により、室内に漏水が発生します。

天井塗膜剥離

天井塗膜剥離

クラック、塗膜異常、経年劣化、施工不良等、様々な原因により、塗膜の剥離が発生します。

チョーキング

チョーキング

塗膜の表層劣化により顔料が粉化して表面に出てくる現象です。外壁塗り替えの目安の一つとなります。

サッシ木枠腐敗

サッシ木枠腐敗

木枠の保護塗装が経年劣化して、防水機能を失った木部が腐敗してしまいます。

笠木漏水

笠木漏水

笠木板金のジョイント(継ぎ目)部分から雨水等が入り、防水機能を失った木部が腐敗してしまいます。

屋上ウレタン防水劣化

屋上ウレタン

紫外線や雨水、経年劣化等により、ウレタン防水層に膨れや破れが生じます。放置すると漏水の原因となり建物の強度を低下させる原因にもなります。

外壁タイル汚れ

外壁タイル汚れ

空気中の様々な汚れがタイルに付着し雨に混ざったものが外壁を伝うので藻や苔が生えやすく、雨水が通る場所は特に汚れやすいという特徴があります。放置すると汚れが定着し洗浄が困難になります。

折板屋根錆

折板屋根錆

塗装面の経年劣化により錆が発生します。

軒樋詰まり

軒樋詰まり

落葉や塵、埃等が溜まり、苔が発生し重みで金具が破損してしまいます。

保護カバーの劣化

保護カバーの劣化

経年劣化により破損し、消失していることがあります。放置するとエアコンの効きが悪くなる場合や、冬季の水道管凍結の原因になることがあります。

鉄骨階段サビ

鉄骨階段サビ

塗装面の経年劣化により、錆が発生します。放置すると腐食が始まります。

シングル屋根

シングル屋根

日当たりの悪い部分や風通しの悪い場所に苔や藻が発生しやすく、発生した場所はさらに水はけが悪くなるため、傷みやすく、剥がれやすくなります。放置すると雨漏りが発生することがあります。

コロニアル屋根

コロニアル屋根

北面や太陽が当たりにくい部分には苔や藻が発生しやすく、毛細管現象等の原因により雨水が屋根裏へまわり雨漏りが発生することがあります。

高架水槽劣化

高架水槽劣化

タンクの天板や側面パネルの劣化により、紫外線が透過すると、タンク内に藻の発生や微生物の繁殖を引き起こします。劣化が進行したタンクは強度が低下し、地震の際に破裂したりします。定期的にメンテナンスが必要です。

タンク架台

タンク架台

高架水槽や、受水槽の鉄骨及び架台は錆びや腐食が進行しやすいため、定期的に塗替えが必要です。

関東の塗装・防水・修繕工事のことなら堀建装
千葉県市川市南行徳2-21-6-1階  フリーダイヤル:0120-58-1223